地球のステージは東ティモール、パレスチナ、東日本大震災の各支援事業、世界の今を伝えるコンサートステージを行っています。

文字サイズ:標準 / 大きい

警備員ジョアオさんの暮らし

 

グレノオフィスの夜間警備員のジョアオさんは勤務が終わると午前8時に乗り合いバスに乗り、自宅に戻ります。

 

巡回診療がある際は、ジョアオさんも乗車させ、自宅近くの通り道で降ろすのですが、

「両側とも急斜面な崖しかないこんな場所のどこに自宅があるのか?!!」

と驚く様な場所に下車していきます。

 

 

①

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、休日ジョアオさんのお宅へセルシオとナタリーノと遊びに行ってきました。

 

グレノから車で約40分走った後、崖に生い茂ったコーヒーの木をかき分け、道なき道を歩く事10分

②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャッサバやタロイモ、パパイヤ、アボカドが植えられ、眺めが良い丘の上にジョアオさんの自宅がありました!

 

③

 

④

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほぼ自給自足で「野菜は買った事がないし、うちのが一番うまい!」と自慢していました。

 

また、日本でいう流しそうめんの際に使用する竹の原理を利用して、川の上流から水を引いていました。

 

⑤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジョアオさんは、奥さん、お子さん5人の7人家族で、長女は首都の学校に通っています。

 

お子さん5人と奥さんを養うべく、ジョアオさんはコーヒー栽培、夜間は警備の仕事に加え、独立戦争時の被害手当金にて生計を立てています。

 

また、現在の奥さんと再婚する前は、インドネシア人の奥さんと結婚して子どもが1人いましたが、独立戦争がきっかけで離婚せざるおえなくなった話しもしてくれました。

 

オフィスでいつも助けてくれる警備員としてのジョアオさんとは違う一面や、リアルなスタッフの生活が垣間みれて、とても良い時間でした。

 

 

 

 

⑥

 

※白い服を来たのがジョアオさんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東ティモール現地駐在員 菊地 陽

(認定)特定非営利活動法人 地球のステージ    神奈川県海老名市扇町7-7    TEL:046-204-9241  /  FAX:046-204-9243

メールでのお問い合わせは、お問い合わせフォーム、またはstageone@e-stageone.orgからお願い致します。

COPYRIGHT (C) 地球のステージ. ALL RIGHTS RESERVED.