地球のステージは東ティモール、パレスチナ、東日本大震災の各支援事業、世界の今を伝えるコンサートステージを行っています。

文字サイズ:標準 / 大きい

ディリ事務所 看護師マヌエル君の結婚式

2015年8月に看護師マヌエル(25歳)と奥様アブイさん(19歳)の結婚式がありました。

東ティモールの伝統的な結婚式をレポートします。

 

マヌエル君の結婚式トップ写真

 

—二人の馴れ初めー

 

幼い頃に、親同士が結婚の約束を交わしていました。

それから10年・・・、マヌエルとアブイさんは1回も会っておらず、2015年5月に久々の対面を果たしました。

 

実は、結婚の約束を親同士が交わしていた事など全く知らなかったので、マヌエルは、今まで付き合っていた彼女と泣く泣くお別れをしました。2015年7月頃に巡回診療に行く車内で「ストレスがピーク」と呪文の様に唱えていたのは、そのせいだったのか!と今頃になって分かった次第です。

 

—結婚式前夜の様子—

 

結納の品を披露するマヌエル君

結納の品を披露するマヌエル

ビンロージュ、ワイン、タバコをもつ親戚

ビンロージュ、ワイン、タバコをもつ親戚

新郎側は、金のネックレス、ベラック(金属の丸い装飾品)ヤギ、牛、お金、ワイン、タバコ、ビンロージュとビンロージュの葉、石灰など親戚中に協力してもらい、結納の品を準備します。

新婦側は、タイス(伝統的な織物)、米、豚、台所用品、寝室用具を準備します。

 

—結婚式当日の様子—

 

まず、新郎のお宅に、新郎側の友人、親戚を招待し、食事をします。友人、家族はお祝い金を持参し、新郎家族の代表に渡します。お祝い金は、最低10ドルからだそうです。

 

新郎宅での食事

新郎宅での食事

15分後に式なのに、腹をくくれないマヌエル君をFrontlineスタッフで激励した思い出の一枚

15分後に式なのに、腹をくくれないマヌエル君をフロントラインスタッフで激励した思い出の一枚

 

 

次に新郎と、新郎の友人、親戚が、大名行列をなして新婦の家を訪ねます。

 

マヌエル5

 

さあ、ついに新婦の家で伝統的な衣装に着替え、ヤシの葉で作った結婚式会場へ入場です。

 

新婦のご家族が準備した伝統的な衣装にお着替え

新婦のご家族が準備した伝統的な衣装にお着替え

ヤシの葉で作った結婚式会場

ヤシの葉で作った結婚式会場

 

会場入りした伝統的衣装を身にまとった新郎新婦は、来賓者への挨拶とケーキカットをします。この立派なケーキは首都ディリから5時間かけて運んできたそうです。

 

マヌエル8

 

和やかに式が進む中、日本ではみられない風習が!!

 

マヌエル9

お互いの家族、親戚が一旦会場を後にして、結納の品を再度確認します。

なんと、新郎の家族が、新婦側家族が請求した分の結納品を減らしてくれないかと交渉・・・2時間も続いたのでありました。

その間、結婚式会場の来賓者は座って、じっと結果を見守ります。

 

結納品の交渉成立後は、白米、牛肉の炒め物、野菜炒め、犬肉の炒め物、牛肉と人参、ジャガイモのスープという普段より豪華なメニューを食べ、オールナイトで、老若男女入り乱れ、ダンスを楽しみます!

因に、私もダンスに参戦しました!

足下がおぼつかないおじぃにダンスを誘われ、大丈夫か心配しましたが、無事踊れ、いい思い出ができました。

村には電気が通ってないので、発電機を使い朝まで電気を贅沢に使いました。

 

マヌエル11 マヌエル10

 

—結婚式の後も続く大切なしきたりー

 

衣装替えをし、新婦側の家に友人、家族が挨拶に行き、涙、涙のお別れを告げます。

 

マヌエル12

 

豚をトラックに詰め込み、新婦さんは新郎の家へ嫁ぎます!

 

マヌエル13

 

新郎の家に到着!

新郎の家に着くなり、なぜか新郎のマヌエルが号泣!

普通泣くのは、新婦の方だろう・・・と誰もが思う所ですが、、、、

実は、マヌエルのご両親はご病気で既に亡くなっています。

本来なら、晴れ姿を両親が迎えてくれるはずでした。

晴れ姿を見せる事が出来なかった無念と、寂しさでマヌエル男泣きです。

それをみた親戚一同もらい泣き・・・。

嫁いだアブイさんは呆然・・・。と印象深いひとコマがありました。

 

泣きはらした後のマヌエル君

泣きはらした後のマヌエル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マヌエルが落ち着いた後、お祈りをし、皆でご飯を囲みました。

ご飯の後は、もちろんダンス!

18時をもってダンスを終了し、引き出物のお肉を頂き、解散となりました。

 

料理を準備する新郎、新婦の家族

料理を準備する新郎、新婦の家族

料理を準備する新郎、新婦の家族

料理を準備する新郎、新婦の家族

引き出物は、捌きたての牛!

引き出物は、捌きたての牛!

家族総出で、資金集めから、食事、会場の準備を行う東ティモールの結婚式に参加して、東ティモールの家族の結束、繋がりの強さを感じました。

ただ、家族、親戚一同で準備した、あの結納の品々をみると「嫁を買った」「結納の分だけ働いてもらう」という意識を抱いてしまったり、DVに繋がる・・・、貧しさ故に幼女のうちに嫁がせてしまう事が多い・・・といった東ティモールの悲しい現実も分かる様な気がしてしまいました。

 

自分の予定とは違う結婚になってしまったものの、今は献身的に尽くしてくれるアブイさんと少しずつ距離を縮めようと努力するマヌエルの姿があります。今後も二人を温かく見守っていって下さい。

 

マヌエル君最後の写真

 

(東ティモール駐在員 菊地陽)

 

 

 

 

 

 

(認定)特定非営利活動法人 地球のステージ    神奈川県海老名市扇町7-7    TEL:046-204-9241  /  FAX:046-204-9243

メールでのお問い合わせは、お問い合わせフォーム、またはstageone@e-stageone.orgからお願い致します。

COPYRIGHT (C) 地球のステージ. ALL RIGHTS RESERVED.