2018年3月8日河北新報


文科省案件「宮城県地域学校協働活動推進事業」ですすめている「東日本大震災」から学び、分断されたコミュニティの再生を図るというその趣旨に沿って展開している「地球のステージ」。

小牛田中学校で開催されたときのことが河北新報に掲載となりました。

「津波から学ぶ」「向き合うとはどういうこと?」をテーマに公演している様子が記事になっています。

記事はこちら