地球のステージは東ティモール、パレスチナ、東日本大震災の各支援事業、世界の今を伝えるコンサートステージを行っています。

  • Home >
  • 東日本大震災復興支援活動

文字サイズ:標準 / 大きい

東日本大震災復興支援活動

2011年3月11日 14:46、宮城沖を震源とするM9.0の巨大地震が発生しました。

 

 それから約1時間、事務局のある宮城県名取市にも津波が押し寄せ、沿岸部の閖上、北釜地区は大きな被害を受けました。海から4kmほど離れた事務局の周りにも津波は来ましたが、幸い建物とスタッフは無事でした。事務局と同じ建物の1階に、桑山が院長を勤めていた東北国際クリニックがありました。震災翌日、朝からクリニックを開けると多くの患者さんがいらっしゃり、それからの2ヶ月間、応援の医師、看護師のみなさんに支えられ、24時間体制で診察を行いました。

 桑山はこれまで、海外で災害のあった地域に出かけ、直後の緊急医療救援、その後の心のケアに携わってきました。海外での活動が自分の住む街で生かされることになったのです。

避難所の診察-1

 震災から2ヶ月、がれきの片づけが進み、仮設住宅への引越しがひと段落した頃、閖上小学校、下増田小学校の被災した子どもたちを対象に、心のケア(心理社会的ケア)の活動を始めました。

心のケアでは辛いできごとにきとんと向き合い、それを表現することに重きを置いています。

 2011年の終わりには自分たちの街のジオラマを制作。失った街を作り直し、震災当日に見た風景を制作し、自分たちが住みたい未来の街を作り、市役所やショッピングモールでの展示を経て多くの方に見ていただきました。

 音楽ワークショップではがれきから楽器を作り出し、オリジナルの曲に歌詞をつけてみんなで歌いました。
同じように被災した石巻市や陸前高田市にも出かけ、大変だったのは自分たちだけではないこと、がんばっている人たちがたくさんいることを目の当たりにしました。
 2012年末には被災地にて映画ワークショップを行い、被災した体験に向き合った子どもたちの姿は多くの街の方たちに勇気を届けられたようです。

ジオラマ制作-3 閖上タワー 石巻バスツアー

子どもたちの活動と並行して、大人のみなさんの心のケアも続けています。

 閖上のおかあさんたちで構成している閖上あみーず。編み物を通して集まる場、語る場を作ってきました。活動の中で生まれた虹色アクリルたわしは全国に販売され、自信を取り戻す一助となりました。

 2011年秋より閖上中学校遺族会の応援もしています。閖上中学校では14名の生徒さんが亡くなりました。震災から1年を迎える2012年3月11日、閖上中学校前に慰霊碑を建立、追悼のつどいを行いました。

 2013年3月11日にはメッセージを書いたハト風船を飛ばし、空へ昇った大切な人にメッセージを届けました。

毎年3月11日には慰霊碑に集まり、追悼のつどいを行っています。

 2012年4月、慰霊碑を守る社務所として、震災のことを伝える資料館として、閖上中学校入り口に「閖上の記憶」と名づけたプレハブを設置しました。日曜日には語り部の会を開催(不定期)、被災した方々が震災のこと、いのちのことを伝える場としても活用されています。
 また、心のケアの活動で子どもたちが作ったジオラマを展示したり、震災に関する資料、映像の紹介なども行っています。閖上を訪れるみなさまの案内ガイドの拠点としても活用しています。

 

集合写真 除幕式 P1020891

 

 

(認定)特定非営利活動法人 地球のステージ    神奈川県海老名市扇町7-7    TEL:046-204-9241  /  FAX:046-204-9243

メールでのお問い合わせは、お問い合わせフォーム、またはstageone@e-stageone.orgからお願い致します。

COPYRIGHT (C) 地球のステージ. ALL RIGHTS RESERVED.